肥満の原因とは|中性脂肪を下げるための情報サイト

体についたぜい肉の原因

ウォーキング

中性脂肪とは内臓につくだけではなく、お腹周りや太ももなどにもぜい肉としてついてしまう脂肪です。そのため、ダイエットするには中性脂肪を減らすことが大切なのです。中性脂肪とは余分な脂肪が脂肪細胞に蓄えられたものです。必要に応じてエネルギーに変換されますが、余分なものはどんどん蓄積されてしまいます。また、血液中の中性脂肪が増えすぎると善玉コレステロールを減少させ、逆に悪玉コレステロールを増やしてしまいます。これが原因で高脂血症となり動脈硬化を引き起こしてしまうこともあります。動脈硬化とは脳梗塞の原因ともなる病気です。ダイエットで中性脂肪を減らすことは健康には大切なことなのです。ダイエットするには食生活の改善が最も効果があります。カロリーや油、糖分の摂り過ぎに注意をすることが必要です。

過剰なアルコールの摂取も中性脂肪を増やす原因となります。ですから、繊維質の多い野菜を中心に食事をしてアルコールの摂取を控えましょう。また、ウォーキングなどの適度な運動を毎日行うのもカロリーを消費し血行をよくするのに役立ちます。カロリーを減らす食生活をしていると、どうしても必要な栄養分が足りなくなってしまいます。サプリメントで必要な成分を補うことができます。またサプリメントは、中性脂肪を減らす働きをする成分を配合した製品も多く販売されています。中でもDHAやEPAは血液をサラサラにして中性脂肪を下げる働きが優れています。黒酢やオメガ3オイル、カテキンなども人気です。これらの成分は食品でも摂れますがサプリメントならタブレットやカプセル、ドリンクなどになっているので簡単に摂取できます。