肥満の原因とは|中性脂肪を下げるための情報サイト

脂肪を下げる方法と役割

ウエスト

有酸素運動と魚中心の生活

高くなりがちな中性脂肪ですが、どのようにすれば下げられるのでしょうか。定番なのは継続的な運動習慣です。無酸素運動と有酸素運動がありますが、中性脂肪に効果的なのは有酸素運動です。有酸素運動とは息をハアハア吐く運動のことでジョギングやウォーキングに代表されます。毎日、三十分から一時間ほどのウォーキングをすることで、脂肪は燃焼されていきます。ただしすぐに効果が出るわけではないので、気長に続けましょう。少なくとも週に三回くらいは行いましょう。運動以外で最近注目されているのが、青魚に多く含まれるEPAとDHAです。この二つの栄養素は、中性脂肪の生成を抑える働きがあります。選ぶ魚はサバやマグロなど、脂っぽい魚にしましょう。肉中心の食生活から、魚中心の食生活に変えることが、中性脂肪減少への道です。

エネルギーのストック

中性脂肪とはそもそもどのようなものなのでしょうか。中性脂肪はトリグリセリドとも呼ばれます。体内に摂取された脂質は生命維持活動に利用されますが、使い切れずに余った脂質は皮下脂肪となって蓄えられます。そしてエネルギーの供給が途絶えてしまった時には、この中性脂肪を燃焼して生命を維持させるということです。つまり中性脂肪とは、エネルギーのストックのようなものです。お腹周りに付きやすいのは、内臓を保護する為だとされています。現代社会ではエネルギーが足りなくなるということがありませんので、皮下脂肪は溜まる一方です。しかし本来はある程度必要なものですので、少なければ少ない程いいというわけではありません。少なければ別の病気にかかってしまいます。中性脂肪とはバランスよく付き合っていきましょう。

体についたぜい肉の原因

ウォーキング

中性脂肪とは、内臓につくだけでなくぜい肉としてついてしまう脂肪です。血液中に増えすぎると悪玉コレステロールを増やし高脂血症の原因ともなります。食生活を見直しアルコールを控えることが必要です。サプリメントは栄養素を補うだけでなく中性脂肪を減らす働きもします。

Read

一定の数値に保つこと

粉末

中性脂肪とは、エネルギーにならずに余ったブドウ糖が肝臓に蓄えられたものです。中性脂肪が高くなると血流が悪くなりさまざまな疾患をもたらします。数値は健康診断の血液検査で調べることができます。中性脂肪の数値が高い場合、食生活や運動の実施で改善する必要があります。自覚症状がないため注意が必要です。

Read

健康を保つためにする事

運動

中性脂肪とは体にとって必要なエネルギーであり、多すぎると病気などを発症してしまうものというのが特徴です。また、毎日の食事によって数値を正常に保つことができ、難しい場合はサプリメントなどで補うことで健康でいられるというメリットがあります。

Read